香水の量り売りは違法?危険?薬機法に基づいてご説明

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

香水の量り売りは違法で危険?薬機法を踏まえて解説

香水のアトマイザー

香水の量り売り自体はルールを守っている限りでは違法ではありません。

2種類の量り売りの方法と自分の失敗談も交えた量り売りの香水を購入する際に注意すべきことをご説明します。

ウチワサボテンオイル

香水の量り売りとは?

香水

香水の量り売りとは、香水ブランドが販売しているフルボトルではなく、少量を別の容器に移し替えて販売することです。

販売されている量は1.2mL~10mL程度。

ブランド独自でテスターとして配っているものもあれば、ブランドとは別の会社や個人が本体から移し替えて数百円から1,000円前後で販売している場合もあります。

香水の量り売りのメリット

  • 香りがわからない香水の香りを確かめるために使用するのに便利
  • フルボトル買うよりも安いため、さまざまな香水を楽しみやすい
  • 持ち歩きに便利なアトマイザーやガラス瓶に入っている

香水の量り売りのデメリット

  • 試したことのない香りだと正しい商品が入っているか判別できない
  • 割高
  • 薬機法等のルールを守らずに販売していると使用に安全とは言えない
  • 衛生管理がきちんとなされていないと異臭や健康上のリスクがある

香水の量り売りには化粧品製造業許可が必要?

困っている美容部員

香水は薬機法において「化粧品」に該当するため、薬機法に則って以下の許可が必要になります。

許可名化粧品販売業許可化粧品製造業許可
内容香水を自社の製品として販売する香水を製造する

香水の量り売りは上記のどちらでもないように思えますが、香水を「事前に」元の入れ物から別の容器に移し替えて保管していたものを販売するだけで、「小分け製造」と呼ばれる製造行為に該当します。

製造行為には、包装、表示、保管行為も含まれます

埼玉県庁サイトより

そのため「化粧品製造業許可」が必要です。

許可が必要のない販売方法については後述します。

薬機法とは

以前は薬事法と言われていた薬機法の正式名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」です。

上記の名称通り対象は化粧品だけではありません。

内容を簡単にまとめると、私たちが製品を安心して使えるように品質・有効性・安全性を守るべく製造・表示・販売・流通・広告について細かく規定している法律ということです。

香水の量り売りにおける2つの方法

香水とアトマイザー

小分け製造と分割販売という2つの方法があり、それぞれの違いは以下の通りです。

量り売りの方法小分け製造分割販売
意味前もって別の容器に移し替えて保管した作り置きを販売依頼の都度必要な量を補充して販売
必要な許可化粧品製造業許可なし

基本的にはフリマサイト等で個人が販売している量り売りの香水は分割販売が該当するはずですが、許可が要らないからと言って何の条件もなく販売ができるわけではありません。

化粧品は、その直接の容器又は直接の被包に、次に掲げる事項が記載されていなければならない。ただし、厚生労働省令で別段の定めをしたときはこの限りではない。 

https://www.tmiph.metro.tokyo.lg.jp/k_yakuji/i-kanshi/cosme/c_label/

しかし、香水の量り売りをメルカリ・paypayフリマなどのサイトにおいて匿名で販売している場合、お客様(エンドユーザー)に氏名や住所を明かしておらず上記をクリアしていない可能性が高くなります。

※容器にきちんと印字している場合もあるものの、商品画像に載っていなければ手元に来るまでわかりません。

香水の量り売りを購入する際の注意点

注意点

販売方法が小分けなのか分割なのか、小分けの場合には化粧品製造販売業許可書を取得しているかを事前に確認した方が安全です。

確認が難しい場合には購入を避けた方が安心ですが、口コミがあればチェックしておきましょう。

ただし、実際に口コミ件数がとても多く評価も悪くない人からフリマサイトで香水の量り売りを購入した際、アトマイザーから生臭い異臭がしたことがあるため、届いてみないとわからない部分は大いにあります。

アトマイザーの保管状態が悪かったのか、香水に異物が入っていたのか・・・

後から知ったことですが、法律とは別に各フリマサイトのガイドラインによると実は香水の量り売りは禁止されているようです。

メルカリのガイドラインに記載の禁止行為

メルカリでは以下のように香水の量り売りは小分けも分割もNGです。

どのようなものが違反になりますか?

  • 許認可のない手作りの化粧品類
  • 小分けや詰め替えをした化粧品類
https://help.jp.mercari.com/guide/articles/892/

ヤフオク!のガイドラインに記載の禁止行為

ヤフオク!でも以下のように香水の量り売りは小分けも分割もNGです。

B.出品禁止物

化粧品(当社が化粧品と判断したものを含みます)のうち以下に該当するもの

  1. (1) 個人が製造したもの
    小分けまたは注文を受けて必要量を小分けするものもこれにあたります。
  2. (2) 個人で輸入したもの
https://guide-ec.yahoo.co.jp/notice/rules/auc/detailed_regulations.html#C_2

paypayフリマのガイドラインに記載の禁止行為

ヤフオク!と同時掲載されるpaypayフリマも同様に香水の量り売りは小分けも分割もNGです。

B.出品禁止物

化粧品(当社が化粧品と判断したものを含みます)のうち以下に該当するもの

  1. 個人が製造したもの
    小分けまたは注文を受けて必要量を小分けするものもこれにあたります。
  2. 個人で輸入したもの
https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/guide/guideline/detail/#B

ラクマのガイドラインに記載の禁止行為

ラクマでの香水の量り売りは小分け販売が明確に禁止されているようですが、製造番号・成分表などが本体もしくは箱に記載するべきとなっているのでそこまで忠実にルールに則った販売をしていないと分割販売でもNGということですね。

禁止されている出品物

・手作りコスメ

・テスター

・小分け販売

・個人的に海外から輸入品

・偽ブランド・レプリカ・模造品

・薬機法に低触する化粧品類

・製造番号、製造記号や成分表が商品本体やその箱に記載されていない又は削られている化粧品類

https://news.fril.jp/entry/20190318_200rsp

香水の量り売りを適切に購入できる場所

bottle of perfume
Photo by Рутаника Атур on Pexels.com

香水の量り売りを安全に購入する方法はルールを守って販売している通販サイトで購入することです。

クチコミなども参考に安全と思われる販売サイトをご紹介します。

カラリア

カラリアは好きな香水が毎月上質で丈夫なボトルに4mL入って届く定期便です。

初回は好きな色のアトマイザーが付いてきます。

有名ブランド商品を含む1,000種類以上もの香水があるため、様々な香水楽しめます。

香りに迷ったらプロに相談できるのも嬉しいポイントです。

以下の通り信用できる販売方法を採っている他、しっかりした保管状態を維持し入荷・開封してから1年以上経過した商品が手元に届くことはないようです。

カラリアでは化粧品製造販売業許可を取得しており、ボトルを小分けにする製造場所においても、自治体の視察を受け、製造業許可のライセンスも取得しております。

https://highlinkhelp.zendesk.com/hc/ja/articles/10307062589465-%E5%95%86%E5%93%81%E3%81%AE%E5%93%81%E8%B3%AA%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

セレス

セレスはムエット・ワンプッシュ・5mLからフルボトルまで好きな容量を選んで買える香水の通販サイトです。

フルボトルの場合には定価より上回る点は要注意です。

Diorのミス ディオール ブルーミング ブーケ オードゥ トワレ(50mL)で比較すると以下の通り。

販売店セレスDIOR公式サイト
価格15,750円11,660円

販売方法や品質管理に関しては信頼に値するだけの根拠をサイト上に記載していました。

Celesは化粧品製造業許可ならびに化粧品製造販売業許可を取得し、衛生的で適切な環境下で香水を分割充填・管理しております。

https://www.celes-perfume.com/%e5%93%81%e8%b3%aa%e7%ae%a1%e7%90%86%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

香水の量り売りの評判は悪くないものの謎の多いサイト

question marks on paper crafts
Photo by Leeloo Thefirst on Pexels.com

香水の量り売りサイトにおいて悪いクチコミが目立つようなことはないものの、わからないことも多くて違法とまでは言い切れないものの怪しさも感じるサイトもあります。

香水の館

楽天・Qoo10・Yahoo!ショッピングなど、様々なお店で香水の量り売りをしています。

株式会社香水の館という会社が運営しているようですが、2020年に購入したアトマイザーには「株式会社サイバーウォール」と記載が。

企業情報を検索したところ、2018年12月時点で会社名が株式会社ZE-STARになっていました。

香水を取り扱う事業を展開している様子はなく、なぜ2020年に購入したものに旧会社名の記載があるのか不明です。

小分け販売をしているのであれば化粧品製造販売業許可書を保有しているはずですが、そのような情報はネット上では確認できませんでした。

分割販売している場合にも「製造販売業者の氏名又は名称及び住所」の記載が必要なはずですが、株式会社香水の館ではなく、株式会社サイバーウォールとその住所が製品に書かれている意味がわからず。

まとめ

a person holding a dropper
Photo by Anna Shvets on Pexels.com

香水の量り売りは条件をクリアしていれば違法ではないものの、知ってか知らずか違法に販売されてしまっているお店もあるため注意が必要です。

フリマアプリでは基本的に香水の量り売り自体を禁止しているサイトが多いため、本来は購入してはいけません。

また、本来守られるべきルールを守っていないお店で購入すると中身が偽物であったり容量を偽られたりするリスクもあるため、購入を避けた方が安全です。

当サイトの運営者

犬(特にウエスティ)・猫・香水が大好き。化粧品関係の仕事の経験や東洋医学に助けられた経験から、コスメ・健康・漢方に興味あり。普通起こらないトラブルに見舞われがちのため、奮闘する日々。

わんにゃんをフォローする
コスメ美容・健康
スポンサーリンク
わんにゃんをフォローする
わんにゃんドットコム

コメント

error: コンテンツは保護されています