大根おろしの汁は危険?飲んだ方が体に良い?

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

大根おろしの汁を飲むと危険?気を付けたい食べ方と効能を解説

大根おろし
大根おろし

栄養や効能もあり捨てるのはもったいない大根おろしの汁ですが、知らないと危険を伴うことも。怖い目に遭った実体験を基に大根おろしの汁を飲む危険性と食べ方の注意点・効能をまとめました。

大根おろしの汁は取り扱い注意

close up photo of caution signage
Photo by Aviz on Pexels.com

大根をおろした汁は捨てる?飲む?料理に使う?

大根おろしの汁を飲むことや活用自体にはメリットがありますが、摂り方は注意が必要です。大根おろし汁を飲んだことで危険性を感じた恐ろしい体験したからこそ、声を大にして伝えたい注意点をまとめました。

これまでの大根おろしとおろし汁の取り扱い

大根おろし

私は大根をおろすときはボールにザルを乗せて、大根のおろし汁と大根おろしを分けています。

おろした汁は体に良いから捨てないというのがわが家での暗黙のルールではありましたが、私はどうも汁に浸かっている大根おろしを食べるのが苦手。

汁のない大根おろしは好きなので、それを台無しにする汁を捨てずに何とかしようと考えた結果たどり着いたのが「大根おろし汁を飲む」ということ。

驚きの表情を浮かべる女性

「そんな気持ち悪いことしないで」と友人に言われましたが、大根おろしの汁は喉に良く、量も多くないので飲むのは苦でもありませんでした。よく考えればひそかに大根のおろし汁を捨てればよいのですが・・・

ここまでは、特に大根のおろし汁を飲むことに危険はなさそうですよね。ところが・・

大根おろし汁の危険性を身をもって知った事件

恐怖を感じる女性

名付けて「大根おろしの汁による急激な吐き気襲撃事件」(ネーミングセンスのなさ・・・)

夕食の焼魚に添えるため、いつものように大根を大根おろし器でおろし、おろし汁を飲みました。

すると急に胃がムカムカし始めて激しい吐き気が催し、気持ち悪すぎて立っていられなくなり、何が起こったのかさっぱりわからず、軽くパニック状態に。深呼吸してみたり、水を飲んでみたり、のたうち回ってみたり・・・

焦って検索すると、「空腹時に大根おろしの汁を飲んで意識を失った人がいた」ニュースを発見。空腹が原因と理解したので、気持ち悪くて吐きそうなところ無理やりその辺にあった食べ物を口に押し込み、案外あっという間に吐き気が治まりました。

結局のところ大根おろしの汁は空腹時で飲むと危険ということに尽きるのですが、なぜそんなことになるのか原因を調べてみました。

※汁だけでなく大根おろし自体も空腹時にいきなり食べるのは危険ぽい。

大根おろしの汁を空腹時に飲んではいけない理由

大根おろし

大根に含まれているジアスターゼという酵素と、辛味成分であるイソチオシアネートは空腹の胃を強く刺激し、血圧が低下し貧血のような症状を起こすことがあるようです。これを迷走神経反射というんだとか。

消化活動が活発化すると胃液が発生しやすくなり、空腹時だと胃酸が過剰に出て胃壁を傷めてしまうことが胃がムカムカする原因になり吐き気を感じることもあるようなので、今回はこちらが該当するように思います。

しかし、実際には正しく摂取したり使うと便利な側面もあります。

大根おろしの汁の効能・便利な使用方法

大根のキャラクター

スジの多い硬い肉を柔らかくする

大根のおろし汁に硬い肉を漬け込むとタンパク質や脂質を分解して柔らかくなります。これは実践している人も多いようで、お肉を柔らかくする方法として様々な記事で取り上げられています。

風邪の改善

喉が痛い時に水でおろし汁を薄めてうがいをしたり、汁にはちみつを加えて飲むと良いようです。私も風邪予防や改善を期待して今まで飲んでいました。

肌のケア

殺菌成分であるイソチオシアネートが含まれているので、ニキビや吹き出物対策として洗顔後の化粧水の代わりに使うと効果的なんだとか。本でも言及されていますね。

【中古】afb美容の裏ワザ・隠しワザもっと美しく!の超実用本このテクニックだけは知りなさいKAWADE夢文庫/平成暮らしの研究会(編者)
美容の裏ワザ・隠しワザ

ただし、イソチオシアネートはおろしてから15分程度できえてしまう成分なので、おろしたての汁を使うことが重要です。大根おろしの汁の主成分である「消化酵素」は熱に弱いのでそのまま使いましょう。

消化促進

消化活動を活発にする成分を含んでいるので、二日酔いや胃もたれの時にもおすすめです。

まとめ

大根おろしの汁は、それ自体が毒なわけではなく美容や健康などによい効果が期待できます。しかし、空腹時に飲むと危険な状態に陥る可能性があるため、避けることを全力でおすすめします。

当サイトの運営者

犬(特にウエスティ)・猫・香水が大好き。化粧品関係の仕事の経験や東洋医学に助けられた経験から、コスメ・健康・漢方に興味あり。普通起こらないトラブルに見舞われがちのため、奮闘する日々。

わんにゃんをフォローする
美容・健康食品
スポンサーリンク
わんにゃんをフォローする
わんにゃんドットコム

コメント

error: コンテンツは保護されています