長年の便秘これで即便秘解消!さよならポッコリお腹。便秘改善から予防を。

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

即効で便秘解消

便秘は正しい方法をとれば絶対に治せます。

便秘の効果的な解消方法から便秘予防に至るまでのお話です。

猫の便秘についても書いていますが、今回は人間の便秘に関しての話です。

便秘・下痢の人のイラスト

恥ずかしくて自分が便秘であることを周りに相談できずにいる方、

便秘の改善方法や解消方法に関しては散々色々調べたけれど、どれも便秘解消にまではつながらず効果が出ずに困っている方、

便秘であることがストレスや肌荒れにつながるなど負のループに陥っている方、

意外と多いのではないでしょうか?

便秘は一時的なものだろうと軽く考えて放置している方もいるかもしれません。

いずれの理由にしても、とにかく少しでも早く便秘を解消できるに越した事はありませんよね?

私自身もそうでした。

悩んでいるまではいかなくても便秘気味であったり、快便ではないのでいつか便秘になってしまうのではないか気にしている、という人も案外周りに多くいました。

そこで今回のテーマは、

便秘解消について

の流れでお話しします。

便秘の定義

そもそも便秘の定義ってご存知ですか?

個人差もあるので本来であれば、排出すべき便をすべて出し切るべきではありますが、

「排便が1週間に3回未満の場合」

が便秘であると言われることが多いです。

便秘で何が悪い?

「便秘ですけど何か?」

自分が苦しいだけで周りにはバレないでしょと思い方もいるかもしれませんが…

意外と以下のような症状からバレることがあるようです。

便秘のデメリットをお伝えしますね。

当然、お腹が張って痛い・お腹がぽっこり・食欲が低下などは便秘の方がよくよくわかっていることと思います。

それ以外にも、

  • 口臭が悪くなる
  • イライラする
  • うつになる
  • 免疫力が落ちる
  • 体臭が強くなる
  • 太りやすくなる
  • 肌荒れを起こす

といったデメリットがあります。

便秘において気を付けないといけないこと

  • 毎日排便できていなくても焦りすぎ、気にしすぎには注意!

便秘の原因は運動不足や過度なダイエット、水分不足、ストレスなど様々あります。

特に【ストレス】というのは明確な改善方法がない少々厄介なものです。

便秘になってしまった…どうしようと悩み、気にしすぎることでイライラしたり不安になることでさらにストレスが増し、状況を悪化させてしまうことがあるからです。

あとにもお話ししますが、私もその負のループに陥っていました。

他にも要因はありましたが、上記の不安が大きな要素だったように思います。

便秘で悩んでいる時に、体にぴったりとくっついてボディラインが強調されるようなぴちぴちのTシャツを着ないといけない機会がありました。(なんという悪いタイミング…)

このままだとぽっこりお腹が誰が見ても明らかで、恥ずかしい…

うんちが出ないなら体に食べ物を入れなければ(何も食べなければ)この張り出したお腹もマシになるのでは?と考えました。

そうはいってもお腹は空くので、少量の野菜だけ食べることにしました。

結果・・・

言うまでもなく効果なし。

やたらお腹はすいているのに依然としてお腹は”ぽっこり”…

人の目が触れるところではお腹をへこませてなんとかしのいだつもりですが、まぁバレていたでしょうね・・・(´;ω;`)

  • 【便秘改善】・【便秘解消】と【便秘予防】の混同に注意!

自分自身の経験から言うと、世の中に出回っている情報は【便秘改善】方法ではなく、【便秘予防】の方が多いように思います。

もちろんどちらも大事です!

しかしながら、便秘改善・便秘解消しないことには(うんちが出るようにならないことには)、【予防】というスタートラインには立てません。

予防というのは、健康な人が病にかかる前に打つ手のことなので。

そのため、この2つをごっちゃにしてしまうとそもそもの便秘改善ができません。

残念ながら、私はこの2つの分類をわかっていないうちに色々試しに試したので便秘解消まで時間がかかってしまいました・・・

なので、皆さんには最短ルートで便秘改善に至っていただけることを願います!

よく便秘解消方法として挙げられる方法のうち、実はこれは【予防】であったり、やり方を気を付けないといけないものは以下のどれでしょうか?

  • 十分な水分を摂る
  • 食物繊維を摂る
  • ストレッチや適度な運動
  • ヨーグルトを食べる
  • 腸内洗浄
  • 下剤を飲む
  • コーヒーを飲む

正解は・・・

【食物繊維を摂る】

これは便秘予防に属します。

食物繊維の摂り方にも注意が必要です。

食物繊維には、”不溶性食物繊維”と”水溶性食物繊維”があります。

不溶性食物繊維
穀物や豆類・きのこ・芋類・野菜・果物など

⇒排便量を増やす働きがありますが、元々便が硬い人はますます便を硬くしてしまう可能性もあるので摂りすぎに注意です。

水溶性食物繊維
海藻やこんにゃく、大麦など

⇒水に溶けて便を柔らかくしてくれるので積極的に摂るべき栄養素です。

◇便秘解消・便秘改善方法のうち、やり方を気を付けるべきものは以下3つです。

1.【下剤を飲む】

即効性はあるとしても常用すると段々効かなくなってしまったりします。

重度の便秘で病院にかかる場合でも医師に相談しながら薬だけに頼らない方法を実践した方が良いと思います。

そもそも薬だと副作用もあるので、使うにしても一時的な使用にとどめた方が良いというのが持論です。

2.【ストレッチや適度な運動】

ただ運動すればよいというのではなく、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進するエクササイズをすることが大事です!

お腹をひねったり、足を高く上げたウォーキング、腹筋を鍛えるなど。

3.【コーヒーを飲む】

カフェインが胃を刺激して排便を促してくれるようです。

味や香りによるリラックス効果もあります。

但し、カフェインは胃腸の刺激が強いため、飲みすぎると胃腸を荒れさせてしまう心配があるので摂取量には要注意です。

また、利尿作用もあり水分不足になりがちですので水も併せて飲むようにしましょう。

さて、ここからは本格的に私が行った便秘解消方法と、効果についてです。

そもそも便秘になったきっかけやタイミングをはっきりは覚えていないのですが、確かストレスが多くかかるような時期だったと記憶しています。

気づけば全然排便がなく、お腹が常に張っていてイライラする…というのがたぶん3年くらい続いた気がします。

不思議なことに毎年、自分の置かれている状態は変わっていたので運動不足とも言えず、ストレスの種類も変わっていたと思います。

便秘解消法

◇元々やっていたこと:

  • 野菜を多く摂る
  • 肉・魚などタンパク質を摂る
  • お腹が苦しい時は、お腹を手のひらで”の”の字にマッサージ
  • 腹筋

◇新たに試したこと:

  • 水を軟水から硬水に変えた(コントレックスなど)
  • 食後にプーアル茶・ジャスミン茶などを積極的に摂取
  • 移動というだけの運動から積極的にウォーキング
  • 動きが激しめの有酸素運動

どれもよさそうじゃないですか?

1つだけでなく色々同時にやっているのでここまでやれば快便でしょ♬と思いませんか?

しかしながら、全然ダメ・・・

便秘というのものは一時的なもので、病院にかかるほどでもないと思っていました。

それが余計いけなかったのかもしれません。

便秘の期間が長ければ長いほどどんどんうんちが蓄積されて、排出されにくくなります。

セルフメディケーションで改善されない場合には、病院の先生に相談してみることをおススメします!

また、さきほど下剤は良くないと話しましたが、習慣化させなければ良いので一度すべて出し切った後に、

その後の便秘対策で便をため込まないよう、自力で排出できるようになれば良いのではないかと思います。

精神面から来ている場合、

副作用を抑えられる【漢方】やホリスティック医療に頼ってみる

という方法も今から考えればあったのかもしれません。

便秘であることもですが、それによって太っていることも私にとっては大きなダメージでした。

食べる量を減らしたり、太らなそうな食材ばかり食べるという偏ったことをしたりしてどんどん悪化させました。

そのせいもあったのか、体の免疫力が下がり病気にかかりました。。。

ところが、不思議なことにその病気を機に便秘が解消され始めたのです!

病気中に何をしていたのかというと、

  • 全身に光線治療をした
  • 栄養のある食物を摂取した
  • 水をたくさんとった(熱もあったので)
  • ストレスの原因であった人から物理的に離れられた
  • ひたすら寝ていた

くらいです。

もちろんその後もまた便秘になってしまうのでは?という不安も完全には払拭はされませんでした。

しかしながら、確実に改善していることは感じられたので自信?(笑)にもなりました。

更に、今後は前の状態に戻ってしまわないように対策しようという意識に変わりました。

旅行など環境が変わるといつもの通りにとはいかないものの、

未だに特に前の状態に戻ることもなくそこまで意識もせずに過ごせるようになりました。

便秘予防法

【予防】として行うようにしているのは、

  • 毎日ヨーグルトを食べる
  • 毎日同じ時間にトイレに行く習慣をつける
    (ただし、無理に排便しようとはしない)
  • 便意を感じたら我慢しない
  • 毎朝コーヒーを飲む
  • 意識的に水分を摂る
  • 毎日適度な運動&筋トレ
  • ストレスを感じたら解消させる方法を考える
  • ジャスミン茶・プーアル茶も定期的に飲む
  • 凝りをためないようにストレッチ
  • ツボ押し(自分で)
  • うつ伏せになりお腹の下に枕などや健康ポールなどおいてそのうえで左右にコロコロ

まずは腸を動かしてあげることが大事です!

さらっと書きましたが、無理に力みすぎるのはむしろよくないそうです。

凝りも血流が悪くなることからおこり、便秘や肥満につながるそうです。

そのため体はかたいながらもストレッチはするようにしています。

ツボ押しに関しては、手首の親指側や、手のひらの親指と人差し指の延長線がぶつかるあたりを押すと良い気がして実践しています。

あとちょっとで出そうなのに出ないという時も気のせいなのか即効性を発揮してくれます。(私だけ?)

旅行の時は朝食の後に、うつ伏せになりお腹の下に枕をおいて腸をもみもみする感じで左右にちょい動くと良い感じがしています◎

友人にも勧めたら、良かったみたいです。

最近在宅ワークの方も多いと思います。

通勤で歩くというのも貴重な運動らしく、通勤しないと便が出ないと言っている友人もいました。

つまりは在宅ワークでも何かしら動き回った方がよさそうですね。

まとめ

便秘は体質だと諦める必要はありません!

治せる病気です。

ただし、放置しておくと大変なことになるのできちんと向き合いましょう。

便秘改善・便秘解消と便秘予防は別物。

違いを理解してまずは便秘解消→便秘予防をしましょう!

見つけた便秘解消に役立ちそうな情報

◇You Tube内の便秘解消動画

「便秘解消 即効」でYou Tube内検索すると、出てくる出てくる(うんちではなく動画のことですw)

中でも面白かったのと効果ありそうなものをご紹介します🎥

◇便秘解消に関して無料相談できる整体院

https://benpi-soudan.com/

ほかにも良い方法が見つかったらアップデートしていきたいと思います!

参考:

https://www.meiji.co.jp/karadakaizen/know/entry006.html#:~:text=%E9%A3%9F%E7%89%A9%E7%B9%8A%E7%B6%AD%E3%81%AB%E3%81%AF%E6%B0%B4%E6%BA%B6,%E3%81%AF%E6%B3%A8%E6%84%8F%E3%81%8C%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

当サイトの運営者

犬(特にウエスティ)・猫・香水が大好き。化粧品関係の仕事の経験や東洋医学に助けられた経験から、コスメ・健康・漢方に興味あり。普通起こらないトラブルに見舞われがちのため、奮闘する日々。

わんにゃんをフォローする
メソッド美容・健康
スポンサーリンク
わんにゃんをフォローする
わんにゃんドットコム

コメント

error:コンテンツは保護されています